シャチハタの使用目的

シャチハタイメージ

シャチハタと言えば、ポンポン押せる名前スタンプというイメージであり、印鑑のように、貴重品扱いされることはないでしょう。

そもそも、このシャチハタは、商品名ではなく、企業名であり、本当の名前は「Xスタンパー」や「インク浸透式印」と呼ばれるものなので、印鑑でもなく、スタンプという一括りにするものでもありません。

しかし、このシャチハタは、書類などに、はっきりとシャチハタ不可と書いてある場合がありますよね。

【実印の書体、大きさは様々です】

実印を購入する際に気を付けたいコト。印鑑卸売市場は魅力的な実印がたくさんあります。

よく考えてみると、シャチハタは、企業名であることから、「シャチハタ社不可」と、言われているような気持になってきます。

そんなことはないと思われる方もいるかもしれませんが、この企業名のところに、自分が勤めている会社名を入れてみてください。
なんだか、完全否定された気持ちになるのではないでしょうか。

こうした印鑑などの、名前が彫られているものを、人生の節目で使うことが多いのですが、こうしたところにも、使えるはずがないシャチハタなので、企業

の方はどう思っているのだろうという疑問が湧きました。

そして、問い合わせてみると、シヤチハタネームの使用目的上の制約というのがあり、これはさまざまな機関が定めているため、弊社で判断することができません。

しかし、シヤチハタネームは発売当初から、印地面がゴムであるため、捺印印影の滲みが大きいということがあり、それが一つの理由になっているのではないかという答えをいただきました。

そして、この理由が、今もなお語り継がれ、古い因習となってしまったのでしょう。
そのため、厳密に印影の形が問題となる、印鑑登録証明の場合を除いて、シャチハタ不可という理由は特にないのだと言えるかもしれません。

~ 便利WEBサイト情報 ~

<簡単・自由に>名刺作成

年間14万件以上の出荷実績を持つ【スピード名刺館】

シンプルでスタイリッシュなモノクロ名刺から豊富なデザインから選べるカラー名刺まで
WEB上でレイアウトを確認しながら簡単にご注文できます。

ページの先頭へ