サイン化する社会

印鑑イメージ

印鑑というと、大切なものであり、あまり普段から使うものではない物だという認識がありますよね。

しかし、印鑑という呼び方ではなく、はんこ、スタンプというと、なんだか身近なものに感じられるのではないでしょうか。

もちろん、種類が変わってくるため、まったく同じとは言えませんが、インクを付けて押すという行為は変わらないので、仲間と言えることでしょう。

【生体適合性に優れているチタン素材の印鑑】

印鑑のベストクオリティのチタン印鑑は、長く利用していても錆びにくく耐食性に優れた素材です。

ここでは、スタンプと呼びますが、このスタンプは昔から使っていたものなのです。

それは、世間一般ではなく、自分が子供の頃から身近にあったもので、どうしてかというと、だいたい小学生くらいに、消しゴムのカバーを外して、そこに好きな絵などを彫ったことがあるのではないでしょうか。

そして、出来上がったものに、インクをつけて、友人などで集まり、押し合いをしたことがあることでしょう。

そうでなければ、学校の授業などで、はんこを作ったりしたことがあるのではないでしょうか。

こうして、印鑑やはんこ、スタンプといったものは、小さなころから、身近な存在であったということがわかります。

しかし、印鑑というものを使う頃には、そうした記憶も薄れてしまっていますので、なんだか、とても貴重品のような感じになるのかもしれませんね。

もちろん、自分の分身である実印であったり、自分の財産を守ってくれる銀行印であったりと、大事なものには変わりないのですが、こうした考え方をすることによって、印鑑に親しみが湧きやすくなるのではないでしょうか。

現在、サイン社会へと変貌を遂げようとしている日本ですが、小さなころから馴染みのあるものは、手放したくないですよね。

~ 注目のWEBサイト情報 ~

<比べてわかる>激安印刷

折込チラシやフライヤーなど印刷チラシのことならお任せ下さい!
デザインのプロによる納得のクオリティをどこよりも安くご提供します。

詳しくは比べてわかる激安日本一の印刷総合サイトをご覧ください。

ページの先頭へ