捨て印に要注意!

認印イメージ

書類などに印鑑を押すという行為について、きちんと考えたことはありますでしょうか。

「ない」と答える人がいるのであれば、それはとても大きな問題を抱えてしまう恐れがありますので、これを読んで頭に入れておいてほしいです。

まず、認印は、みなさんもよく御存じでしょうが、簡単な書類へのサイン代わりとして押したり、宅急便などの荷物を受け取る際に押したりするものです。

【実は印鑑や銀行印はネットで買うのがお得】

印鑑には様々な種類があります。実印、銀行印、社印、認め印など。自分に合った印鑑をぜひ激安通販サイトで見つけてください。

次に銀行印ですが、これはそのままで、自分の財産管理をする時に必要な印鑑となります。

そして、実印ですが、実印の意味を知っているようで、知らないという方は結構多いようで、特に、学生さんなどであれば、使う機会も少ないので、実印がどんな時に使われるかという、詳しいことは知らないでしょう。

実印が使われる時は、人生の節目である、結婚や出産などに使われたり、不動産などの売買契約、保険の契約、自動車などのローンを組む時にも必要となるものです。

そのため、早いうちから持っておくと、いざという時にすぐ使えて、便利でしょう。

そして、最後に、捨て印を押してくださいと言われることがあるでしょうが、これは、どうして必要なのか知っていますでしょうか。

捨て印というのは、主に金融機関で求められることですが、何か訂正することがあれば、そちらで自由に訂正してくださいという意味が込められているものなのです。

そのため、信用できない企業との契約書やよくわからない書類などといったものに押してしまうと、あとでトラブルに巻き込まれたりしてしまうので、十分に内容を理解してから捨て印を押すよう注意してください。

~ 話題のWEBサイト ~

<選べる>デザイン表札

住まいを彩る表札の専門店【表札】

高品質な丸三タカギの表札をお手頃価格でご提供。
個人や法人向けだけでなく、2世帯やマンション向けの表札もお選び頂けます。

ページの先頭へ